れみゅーぶろぐ

某(元)高専生が多彩なジャンルにわたって書くブログ。非常に真面目なブログであると自負しております(要出典)。Twitter:@_remew_

20歳になったのでお酒を買いに行きました

祝え!!!!!!!

過ぎし11月10日、ついに20歳になりました。

20歳になった瞬間にコンビニにお酒を買いに行きました。

年齢確認されなくて少し悲しくなりましたが今どきどこもそう言う感じなんでしょうねそうだと信じたい。

お酒を飲むと一瞬で顔が赤くなり、しばらくするとわずかに頭痛もするようになりました。多分酔わずに気分を悪くするタイプだと思います。かなしい

酔って性格変わるタイプじゃなくてよかったなと思いましたが酔えないってなんかかなしくない?

20歳の抱負

  1. がんばる
  2. つよくいきる
  3. たくさんねる

真面目に

  1. せっかく東京で働くことになったので、色々学びたい
  2. 頑張って楽をしたい
  3. 寒さに強くなりたい

沖縄から旅立ちました

あいあむあっと横浜

10月2日に沖縄から旅立ち、横浜に住む母&妹と一緒に住むようになりました。

理由は仕事の都合的なものです。東京で働きます。

旅立ってから感じたこと

  1. 沖縄が恋しい
  2. 満員電車こわい
  3. 秋葉原おもしろそう
  4. 施設面積が狭くてギュウギュウ詰め

これからもがんばるぞー

おー

ポケモンGOのCPは進化前に成長させると損なのか

まえがき 途中まで超真面目に書いてましたが途中で疲れました。

タイトル

本記事は、既に多くの考察が上げられている、ポケモンGOの「CP(コンバットポイント)」について考察した記事である。

より具体的には、「CPはポケモンの進化前に成長させると損になるのか」を考察していく記事である。

考察とは言っても、記事内で使用しているデータは非常に少なく一般論を述べるに値しない数と言われるかもしれないが、後述する通り実際のポケモンのCPデータが掲載された考察・まとめ記事がそもそも少ないため、一考の価値はあるのではないかと考えている。

既存のCPに関する情報について

個人的な感想ではあるが、現在ポケモンGOのCPについて検索して見つかるホームページに書かれている情報は、どの程度正しいのか判断することができない。

というのも、情報源が明らかではなかったり、著者自らの検証であっても画像がなかったりするからである。

よって、本記事ではできるだけ既存のCPに関する情報に依存しないよう心がけるつもりである。

本論

ポケモンのCPを成長させてから進化させるべきか、進化させてから成長させるべきか?」というテーマで本論を綴っていく。

結論から述べると、私個人の検証では

「CPの上限や必要なほしのすなの量は変わらないので、進化させてから成長させた方が経験値を得ることができるためお得である」

という結果となった。以下に検証方法を記す。

検証方法

  1. 2体のポッポを用意する
  2. 片方のポッポをある程度強化する
  3. ステータス表示の背景にある半円のCPのグラフ(以下グラフと表す)ではっきりと差がわかる程度になったのちに両方のポッポをピジョンに進化させる
  4. 両方のピジョンのCP、グラフ、強化に必要なほしのすなの量を比較する

次の節では、実際に検証をした様子とその結果をスマートフォンスクリーンショットを交えて公開する。

検証結果

2体のポッポを用意し、強化

はじめに、2体のポッポを用意し、片方のポッポを強化する。用意したポッポのステータスは下の画像の通りである。

f:id:Foolish_OkNCT:20160726232838p:plain

fig.1 検証に使用したポッポ2体の進化前のステータス

見ての通り、左のポッポはCPが下限値(かそれに近い)値であるのに対し、右のポッポは現在のCP上限の8割ほどまで達していることがグラフからわかる。

便宜上、左のポッポをポッポ(弱)、右のポッポをポッポ(強)と呼ぶこととする

ポッポ、進化

次に、両方のポッポを進化させる。進化後のピジョンのステータスは下の画像の通りである。(ピジョンが表示されていない原因は不明)

f:id:Foolish_OkNCT:20160726233722p:plain

fig.2 進化後のポッポ2体のステータス

ポッポのステータスを比較する

最後に、2体のポッポのステータスを進化前と比較する

ポッポ(弱)

進化前 進化後
CP 10 15
ほしのすな 200 200

ポッポ(強)

進化前 進化後
CP 123 226
ほしのすな 800 800

結果を踏まえた考察と追加検証

CPに関しては、数値が増えているため強化するよりも進化させた方が必要なほしのすなが少ない場合はお得に見えるが、実際はCPの上限値も上がっておりグラフ上の現在CPの位置は変わっておらず、また強化に必要なほしのすなの量は変わっていないため、強化した際のCPの増分によっては、進化後に強化しようが、強化後に進化させようが変わらないということがわかる。

そこで、ポッポとピジョンの強化時のCPの増分を比較してみた。結果は下の画像のとおりである。

f:id:Foolish_OkNCT:20160726235532p:plain

fig.3 ポッポとピジョンのCP増分比較

ポッポは1回の強化でCPが8増えているのに対し、ピジョンは17増えている。 ポッポとピジョンの最大CPがわからない上にたった1回の試行のため、どちらが「最大CPに対するCP増加量」的にお得なのかは判定することができなかったが、グラフの増加は同じ程度に見えるので、進化後でも強化後でも変わらないのではないかと考えられる。

結論

強化してから進化させても、進化させてから強化しても必要なほしのすなの量は変わらず、グラフもの位置も変わらないので最大CPは進化前のCPに依存しないと考えられるため、順序は最終的な強さには関係ないが、進化させて経験値をゲットしたほうが美味しい。

疲れた

多分1ヶ月分以上の文章を一瞬で書いたので今後しばらくは文章が書けなくなりそう

最後に

使用したデータが非常に少ないため、まだまだ検証の余地はあります。というかありまくりです。こんなのレポートとして出したら一瞬で赤点レベルです。なので、この記事を信じるのはいいのですが、間違っていても責任は取れません。

というかぜひ他の人にもこのような検証していただきたいと考えています。

無駄に長文、ひどく少ないデータ量、結局何を言っているのかわからない結論ではありましたがここまで読んでいただきありがとうございました。この記事が誰かの役に立ちますよう、あわよくば今後の誰かの検証につながりますよう願いを込めて記事を締めくくりと致します。

それでは、お疲れ様でした、あと歩きスマホはダメ絶対。

映画「脳漿炸裂ガール」を見ました※ネタバレあり

ウケる

ウケました。ネタバレを含む感想を書いていきます。

あらすじ

あるところにお嬢様高校がありました(名前を忘れた)。

主人公は、お金持ちではないけれど中学3年間勉強を頑張ってそのお嬢様高校に入学した「市位ハナ」。

映画はその主人公が檻の中で目覚めるところから始まります。

「どうして!?誰か出して!!」

と、よくあるセリフを言いながら、回想シーンみたいなものに入ってお嬢様高校っていう設定が示されるシーンが流れます。

その高校にはやっぱりというかなんというか、性格の悪いお嬢様(とその取り巻き)がいるんですが、ハナちゃんは持ってるスマホでTw○tterみたいなSNSに性悪嬢への悪態をつぶやいてたりします。

かたやめっちゃ美人な性格のいいお嬢様もいて、性格のいい方のお嬢様は「稲沢はな」という名前で、主人公のハナにマカロンをくれたりします。ウケる。(というか稲沢はなの方も主人公だけど)

教育実習生の先生見習いも二人いて、片方はチャラい。片方は無愛想。

ある日ハナちゃんが帰りのバスを待っていると、母親(?)から電話(こっちはガラケー!)があり、帰りにおつかいを頼みますがハナちゃんは「それならLINEで言ってよ!」(時代を感じる…)と言いますが、母親はもちろん言ったが返信がなかったと返します。

そしてハナちゃんは教室にスマホを忘れたことに気づき、取りに行くのですがなんか廊下で「たすけて」という声が。
恐る恐る様子を見に行くと、生徒の一人が階段からよろよろと降りてきて、助けを求めます。
しかしその直後、銃声が鳴り響きその生徒は脳漿炸裂ガールになってしまいます。バキューン。ただし血は出ていないのでR18ではない。
銃声の方を見るとそこには担任の先生が謎のマントを羽織って杖をつきながら階段を降りてきます。

なんかめんどくさくなってきたので端折ります。

担任から逃げて、教育実習生に捕まって、眠らされて、目が覚めたら冒頭の折の中で、他にも折があってその中には他にも生徒がいます。
先生と教育実習生がやってきて、「面接をはじめます」とか言います。

すると、それまで圏外だったケータイ・スマホから着信音が。

開くとそこには「黄金のジョブハンティング」なんとかかんとかのエントリー画面。
エントリーしろと言われるが、みんなが「なんなのこれ!」「こんなことして許されると思ってるの!」とか言ってたらまた一人脳漿炸裂ガールになります。

みんながエントリーを終わらせたと思いきや、一人の生徒…もう一人のはなちゃんがケータイを持っていないといいます。
担任が「それじゃあさよならだ」と言いながら銃を向けるのですが、ハナちゃんが「わたし(ガラケースマホで)二台持ってるから片方貸します!」と言って助かります。

面接ってなんだろうと思っていると、どうやら檻から出るのが面接らしい。
ケータイの画面にはクイズが表示され、それを解くと檻から出られる仕組みになっていて、はなちゃんは一瞬で解いてハナちゃんにヒントを教えて第二面接の会場へ向かいます。

間違えたらもちろん脳漿炸裂ガールなのでハナちゃんは頑張って答えを導き出して出ます。

うぇいそいや(長文書くのつらいです)

色々あって、そのあとも問題とか試練とかがあって生徒が減ります。

ハナちゃんとはなちゃんが「わたしたちは一蓮托生」とか言ったあたりで笑いが止まらなくなりました。

そして最後の方で明らかになるのが、実は脳漿炸裂ガールになった生徒たちは死んだわけではなく、前頭葉を麻痺させて家畜同然になるという設定。
担任の命令で狂ったように踊る女の子たちの姿はこわかったけど笑いが止まらなさすぎて涙が出てきました、めっちゃ面白い。

そして残ったのがハナちゃんとはなちゃんになったあたりではなちゃんの様子がおかしい、なんと「私はあなたを利用していたのよ!」といいます。よくある。

この展開ってあとあと「実は嘘で助けるためだった」とかいうパターンもあるよねwとか思ってたらその通りでした。
はなちゃんが脳漿炸裂ガールして、ハナちゃんが生き残りました。

つらいので近くに落ちていた銃でハナちゃんも「わたしたちは一蓮托生だもんね」と言って脳漿炸裂しようとするのですが、やっぱりやめます。どうやらはなちゃんが持っていたスマホに「はな、生きて」と書かれていたようです(音声だけだったので本当に書かれていたのか、心理描写だったのかは不明)。

暗転

偉いっぽい人と報告する人。
家畜となって命令に従うのみとなった生徒はそれを喜んでいるものが多いそうで、「みんな内心誰かに命令されるだけの生き方を望んでいるのかもしれません」と報告していました。
個人的にここが一番風刺が効いてると思いましたが、直後に銃を持ったハナちゃんと目が虚ろなはなちゃんが現れて銃ぶっぱなしたので台無しです。面白いからいいんですが。

ハナちゃんが「必ず助けるからね、だってわたしたち、一蓮托生だもん」と言い、はなちゃんが「どうでもいいけど、マカロン食べたい」と返して映画は終了です。

感想

  • めっちゃウケる
  • サメ映画とかが好きな人におすすめかも
  • この記事書いてる途中「はな」と「ハナ」どっちがどっちかわからなくなった
  • 途中で脳漿炸裂ガールの原曲が流れた時には「やったぜ」と思いました。むしろ流れなかったら訴えてやろうかと思ってました。

↓公式サイト。

映画『脳漿炸裂ガール』公式サイト||全国大ヒット上映中!!

まとめ

ぜひ見てください

普通自動車免許を取りました

3月30日に、車の免許を取りました。

だいぶ前から教習所に通って、なんとか取れました。

幸い、本免試験は一発合格だったので嬉しいです。

早く車が欲しいなぁと思います。