読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

れみゅーぶろぐ

某(元)高専生が多彩なジャンルにわたって書くブログ。非常に真面目なブログであると自負しております(要出典)。Twitter:@_remew_

”普通”とは何なのか?

「普通の人」

「普通の人生」

「普通」

普通、普通、普通!!!

 

普通という単語がゲシュタルト崩壊しそうなほど、日本には普通という言葉があふれています。

 

一方、こういう人もいます。

「普通ってなんだよ!」

「普通な人って誰だよ!」

「普通という言葉は嫌いだ」

「普通なんて、偏見の塊でしかない!」

 

それでは”普通”とはなんでしょうか?

 

僕にとって、「普通」という言葉は次のような意味を持ちます。

「普通」とは「自分が普通だと思うもの、ことがら」

完全に自己参照してますね、でもしょうがないと思います。

 

誰かにとっての「普通」は、他の人にとっての「普通」とは全く違うかもしれません。

似たような言葉に「常識」もありますね。

「普通」も「常識」も、今まで生きてきた人生でできた「偏見」なんじゃないでしょうか?

 

「偏見はよくないから普通という言葉はよくない!」

という人、それ自体も偏見であることに気づきましょう!

誰しも偏見は持ってると思います。

「あの人は普通じゃない」と言われても、その人にとって普通じゃなかっただけなのです。

「あの人変わってるな」と思っても、あなたにとっての普通じゃなかっただけなのです。

色んな人の「普通」の共通部分が大きければ、それは集団のなかの普通、常識となっていくんじゃないでしょうか。

「自分自身が普通の基準」だと思う人は、それが普通でしょう。

「自分は変わってる」と思う人は、他人を基準として過ごして、それでも自分を曲げてない人かもしれません。

 

「普通」という言葉が嫌いな人は、本当に普通というものが嫌いなわけじゃなくて、「周りから押し付けられる普通」が嫌いなんだと思います。だって、その人だってその人なりの普通を持っているはずですからね。

 

ちなみに、僕は、自分自身のことをちょっとだけ普通じゃないと思っています。

普通な部分も十分ありますが、色々と普通じゃない部分もあります。

少なくとも僕の中の普通には、僕は大きく当てはまりません。

 

あなたが間違っていると思えば、それは普通じゃないのです。

あなたが正しいと思えば、それは普通なのです。

それを他人にどうこう言われて従う義務もないし、他人に無理強いする権利もありません。

しかし、自分の普通を他人と共有する権利はありますし、他人からの共有の誘いを受けたら、聞く耳を持つ義務はあると思います。

 

しかし、これも僕の普通なんですよね、ここまで読んでくれた人には感謝します、きっと普通ではないのでしょう!

 

結論

  • 普通なんて幻想にすぎない
  • でも確かにあなたの中にある
  • あなたにとっての普通が、普通なのです。
  • 他人にとっての普通も、また普通なのです。
  • こんな言葉遊びに付き合ってくれたあなたはきっと(僕にとっての)普通じゃない!

Thank you for your reading!

Good bye :)